スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
他に誰が来るのかを知らせる

 今週の金曜日(12/5)、私が一部を出資するダイニングサロン「神田 なみへい」で、私の誕生日会+忘年会が開催されます。サロンのママ、川野真理子さんの発案による催しものですが、私自ら知人・友人にご参加を呼びかけるようにしました。


メルマガでどっと集めるのではなく、個人メールやマイミク、SNSなど、小規模な母数に対して声をかけたので、どれだけ集められるか、不安なところがありましたが、おかげさまで、目標の30名はクリアし、ホッとしています。


その際、気づいたことがあります。


それは、参加される方は、「他に誰がいらっしゃいますか?」を気に掛けるということです。
お送りした案内文に、その詳しい記述がなく、非常に反省させられました(汗。


考えてみれば、自分が誘われる立場であれば、確かにそれが気になるところです。特に交流目的のあるイベントでは、非常に大切なことです。私の誕生日だから来てくれるというより、(もちろん、そのような気持ちでいらっしゃる方も多いと信じていますが、)せっかくのこの機会に、久しぶりにあの人に会える、あるいは、自分の人脈として価値のありそうな人と出会える、といったことが、この手の「会」に参加する利点だからです。


誰に会えるか、会えないかという点を除いても、自分が参加して場違いではないだろうか?といった不安もあるでしょう。少なくとも、どんな人が集まるかがわかれば、その不安感は、かなり緩和されます。


当社では、ノウハウを学ぶ講座のほか、交流会等、いろいろなイベントを開催しています。週末起業フォーラムのイベントは、やはりフォーラム会員の比率が圧倒的に高いです。単純に会員特典価格ということでなく、自分自身がフォーラム会員であれば、どのような人が来るのか、大体、想像がつくから、ということも大きいように思いました。


まだ週末起業を実際にスタートしていない人の場合、既に週末起業でバリバリ稼いでいる人ばかりが集まるのではないか、自分はまだふさわしくないのんではないか、という不安を持っているものです。


週末起業フォーラム
のイベントに1回でも参加すれば、他のイベントにも参加してもらいやすくなります。それも、どのような人が集うのか、容易に想像がつくから、ということがあるのでしょう。


イベントを告知する場合、「○○な人にオススメ」のような文章を必ず入れるものですが、それもまた、「他にどんな人が来るのか」を理解してもらうという意味を持っているわけです。


「他に誰が来るのか」を知らせ、出来る限り不安を抱かずにイベントに参加してもらう配慮。常に忘れないでいたいものです。

| 森英樹 | 20:50 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 20:50 | - | - | pookmark |
Comment
さっそく『起業してからの勉強法』の招待状でやってみます。
Posted by: ふじい |at: 2008/12/03 9:07 AM








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

Category

Search

Link

Entry

Comment

コンサルタント養成ブログ

Grazr

Sponsored Links

コーチング上達クリニック

Grazr

経営戦略考プログ

Grazr

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode